画像をクリックすると、大きなサイズで見ることができるものもあります。

★もっと詳しい情報は会員専用ブログへ!


2021年 ← 《2022年の記録》 → 2023年


■ビーチ稽古
2021年5月5日(木・祝)───一今年もGWはビーチ稽古だぁ  というわけで、今日こどもの日と昨日、香櫨園浜 で久しぶりにビーチ稽古ができました。GW前半(4月29日〜5月1日)はずっと雨がちだったので芦屋道場での自主稽古会。GW後半の5月3日は晴れましたが、寒かったので、ビーチに出るのを日和って芦屋道場での稽古にしました f^^; でも昨日と今日は快晴で気温も上昇。夙川の鯉のぼりも気持ちよさそうでした(右の写真)。1週間のうち6日も稽古日を設定したので、それぞれの日の参加者は少なかったですが、どの日も足腰をしっかり鍛える内容だったので、皆さん筋肉痛を堪能しているようです (^o^)v

【写真】左から順に5月3日(火)、4日(水)、5日(木)の稽古のようす。写真にはほとんど写っていませんが、ビーチ稽古には、稽古している人数と同じぐらい、道場生の家族も一緒に来ていて、砂を掘って遊んだり、のんびり海を眺めたり、ポカポカ陽気のビーチを楽しんでいました。
このほかの動画や写真など、 会員専用ブログ からどうぞ。

■予選突破
2021年4月30日(土)───一コロナ禍で延期されていた第2回沖縄空手世界大会の沖縄県内予選がいよいよ始まりました。29日(金・祝)は古武道部門。少林寺流振興会からは與儀さん・島袋くんの2人が出場して、とても良い演武でしたが、残念ながら予選敗退という結果に… 30日(土)は首里泊手系部門で、新興会から3人がエントリー、2人は予選敗退でしたが、みごと重森さんが成年T男子の部で予選を3位通過  各カテゴリーで、沖縄県内予選を通過した4人に、8月の大会期間中におこなわれる県外・海外予選を通過した12人を加え、16人による決勝トーナメントがおこなわれます。まず重森さんが、この決勝トーナメント進出を決めてくれました。いまのところ、わが芦屋道場から県外・海外予選にエントリーする予定なのは12人。あと3ヵ月、しっかり鍛えて、重森さんに続こう

【写真】左から順に──28日(木)西原道場の定例稽古。大会運営で忙しい親川仁志先生にまたまたお世話になり、ご指導いただきました。いつもありがとうございます! 予選出場メンバーは型の最終チェックをしました。次の写真は30日(土)、沖縄空手会館での首里泊手系部門・県内予選のようす。右手前に整列した選手の中に重森さんがいます。次の写真は、同日、郡司不在の芦屋道場で自主稽古中のメンバー。でも予選の行方が気になって稽古どころじゃない!? 最後の写真は芦屋道場那覇事務所、ごきげんで祝勝会の二次会中

■ほぼ夏
2021年3月13日(日)───一那覇事務所のオープンを機に、沖縄空手会館での月例稽古(第2土曜前日の金曜日)を始めることにして、その記念すべき第1回目を11日(金)、親川仁志先生に指導に来ていただいておこないました。「月例」といっても、行事的なとりくみがない月に設定する予定なので、審査会のある4月はナシ、世界大会に向けた予選会が予定される5・6月は予選会の応援優先、7月は熊本合宿、8月は世界大会本番、10月は空手の日記念演武祭…。だから今年はあと9・11・12月の3回だけかも f^^; この特別な稽古の設定は、大きな行事とはちがい、濃密な指導を受けられるチャンスですから、みなさん、今後の「月例稽古」を楽しみにしていてくださいね。今回、兵庫からの参加はG・Y・Kの3人で、12日(土)は西原道場の土曜定例稽古、今日13日(日)には全沖縄古武道連盟の合同稽古に参加させていただきました。いつもながら、3日間も時間を割いてご指導いただいた親川仁志先生、ほんとうにありがとうございました ところで今日の那覇市は最低気温19.0℃、最高気温25.5℃... この数日、那覇はこんな陽気です。ウチナーンチュの体感では普通に3月の気候らしく、みなさん涼しい顔で稽古されていましたが、Gは一瞬、熱中症をおこしかけました

【写真左】12日(土)西原道場。右上の写真は西原きらきらビーチ。11日(金)は写真を撮る余裕がありませんでした。 【写真中】13日(日)、古武道合同稽古の会場が嘉数公民館だったので、久しぶりに嘉数高台公園から普天間基地を視察。 【写真右】親川千吉先生とツーショット。

■オール定例稽古
2021年2月22日(火)───一今月はめずらしく日程表に「※」印や「×」印がなくて、きっちり週4回×4週、すべて定例どおりのお稽古です。コロナ感染の状況が未知数なので、まだ世界大会の動向はわかりませんが、3月以降、沖縄稽古や7月の強化合宿in熊本をはじめ、8月の世界大会まで特別な稽古日程が入ってきます。9月以降も、さまざまな行事が予想されますから、ある意味、今がじっくり自己点検しながら反復練習して鍛える好機です。がんばりましょう!

【写真】右上の写真から順に、今月の火曜、土曜、木曜、日曜の各定例稽古のようす。

■芦屋道場那覇事務所オープン
2021年2月1日(火)───一ついに芦屋道場の那覇事務所オープンです 右の写真が、その外観。もちろん、このなかの1室だけですけど f^^; 駐車場付きです。小高い丘の閑静な住宅街にあって、ベランダからの眺望も良く、ときどきご近所から三線を練習する音が聞こえます。それなのに抜群の利便性! ゆいレール「小禄(おろく)」駅から徒歩10分弱。県立武道館へも徒歩10分ほど。小禄駅前のイオン那覇店には車なら数分、徒歩5分圏内にコンビニが2軒、ゆいレールに沿って飲食店などが多数あります。しかも、このマンションの3軒隣にコインランドリー 昨日までの滞在で、食卓や作業机などを設置し、手ぶらで沖縄に飛んでも、すぐ稽古できるように、Gは置き棒、置き空手着して帰ってきました。2月中には、冷蔵庫(親川仁志先生寄贈)や洗濯機などの生活家電、寝具、WiFi設備なども完備できる予定。稽古に、仕事に、家族旅行に、みなさんも遠慮なく利用してくださいね。

【写真左】今日の芦屋道場火曜定例稽古のようすです。 【写真中】Yさん親子:セーサンまでできるようになりました。 【写真右】Tさん親子:周氏之棍で世界大会を狙う?

■稽古はじめ
2021年1月1日(土)───一2022年も恒例の元日稽古から元気よくスタートしました。芦屋道場に集まったのは10人(右の写真)。いつものように準備体操をしたあと、まずは千本突きでしっかり身体を温めました(下の写真左)。分解組手の復習をしたり(下の写真中)、少林寺流が継承する型を順番におさらいして(下の写真右)、あっという間に2時間すぎてしまいました。今年から木曜の定例稽古も芦屋道場でおこなうことになりますが、そのほかにも稽古場が急に変更になったり、開始時刻が変わったり、新しい日程がはいったりすることもあると思います。基本の稽古場が2ヵ所になって、稽古回数が確保しやすくなった反面、間違いやすくもなると思いますから、あらためて「今日のお稽古に参加しよう」って思った日の朝は、必ずホームページの日程表と、その下に書いてある注釈を確認するようにしてくださいね。 みなさま、ことしもよろしくお願いいたします




2021年 ← 《2022年の記録》 → 2023年